2016/04/23 18:30:23 |

思うように借金額が減らなくて返済に行き詰まった場合は、より多い金額を月々入金できるよう、今加入している生命保険の余分な特約プランを削減するなどして返済に回せるお金を増やしていく事もおススメです。
こうした相談は、お金の運用に関して深い知識があるファイナンシャルプランナーが在籍する相談窓口に問い合わせると、無料で家計の遣り繰りを効率的にするための有効なアドバイスがもらえます。
例えばテレビCMでも話題のほけんの窓口は日本全国あらゆる箇所に店舗を設けてるので、仕事や家事が忙しい人でも約30分も時間があれば、借金を含むお金にまつわる疑問に対して有益なヒントを得られるようになっています。
ただ、もし複数のクレジットカード会社や消費者金融から借金をしてるなら、金利の安いおまとめローンに借り換えする事も1つの手段です。
返済方法や支払額がバラバラの多重債務を1本化する事で残りの借金総額を明確にする事ができ、家計から支出すべき金額も把握しやすくなり、早期返済のモチベーションにも繋がります。
おまとめローンの審査基準は通常のキャッシングローンよりハードルが高いとも言われてますが、今まで滞納なく月々の返済を履行していればパスするケースが多いので、借金の返済効率が悪いと感じる場合は積極的に申込みを検討しても良いでしょう。

2016/03/23 19:11:23 |

消費者金融からお金を借りた場合、毎月お金を返済していくことになります。毎月少しずつの返済であれば、負担になることなく借金を返していくことができますが、返済期間が長くなるにつれて金利もかかってきてしまうので、出来るだけ早く返済するように気を付けてみましょう。
借金の返済は、金銭的に余裕のある時にまとめて行ってしまうと、後々楽になってきます。まとめて返済することで、その分お金を返す期間を短縮できるようになり、借金生活からも解放されるようになるのです。ボーナスをもらうなどでお金に余裕が生まれてきたときには、出来るだけ多くの金額を返してみるとよいです。
また、早く返済を行ってしまえば、その分払う金利も低く抑えることができます。金利を払うことで、余計なお金が手元からなくなってしまい大きな損をすることになります。その点、まとめて返済を行ってしまえば、金利を払う必要がなくなるので、お金を手元に残すことも可能になるのです。お金は、一円でも大切にしないといけません。生活を送るときには必ずお金が必要となってくるので、その重要性をしっかりと認識したうえで、借りたお金は出来るだけ早めに返済を行うようにしましょう。

2016/01/08 20:17:08 |

借金は会社や銀行からお金を借りていることを認識し、必要な時以外に使わないように心がける必要があります。お金を借りる場合は安易に考えると金銭感覚を麻痺しやすく楽に考える癖が付くため、今後の収入の状況を確かめて計画を立てることが大事です。
借金をする目的は人それぞれですが、今後の生活に役立てるように正しい目的を考えて収支のバランスを考えて今後の計画を立てなければ失敗しやすいために注意が必要です。お金を借りる場合は金利や利息がかかることを認識し、多くのお金を借りると返済すべき金額が高くなるため責任を持って考えることが求められます。
借金は急にお金が必要な場合に使うと便利ですが、安易に使う癖があれば借りすぎることや返済を放棄する可能性が高く後悔をすることになるため責任感や自覚を持って考えることが大事です。お金を借りる方法はキャッシングやローンなどがあり、自分に適した方法を選ぶと今後の生活に役立ちます。
借金をするために考えるべきことは今後の収入の状況を把握して正しい金銭計画を立てることを意識し、収支のバランスを考えて自分に適した返済計画を立てることです。お金を借りる場合は金銭感覚が麻痺しやすいと借り過ぎやすく、事前に仕組みを把握することや体験談を参考にして意識する必要があります。

2015/09/25 15:49:25 |

借金をしてはいけないとは昔から言われている事ですが、それはそうでしょう。貸している側にとってこれはビジネスなのです。返してもらうために必死になるというのは当然でしょう。表向きは暴力や嫌がらせはいけませんという事になっていますが、それは建前に過ぎず、実態は違法スレスレの事が行われていたりする場合があるのです。

 

なにせ、相手はお金を貸している側、対してこちらは借りている側ですから相手は強気です。はよカネ返さんかいボケぇ!と言ってくるという事もあるでしょう。とは言え、一線を越えて来るという事は今はあまりない様です。いくら立場が強いからといって、殴ったりしていい訳ではないからです。

 

その代わりに激しいのが嫌がらせです。例えば電話を頻繁にかけたり、インターホンをこれでもかというほど連打するなどの行為が行われます。これくらいだと警察側も動きずらいという事を見越した上でやっているのです。

 

違法な取り立てに対しては取り締まりを行うべきだと思いますが、そもそも借金をしなければこの様な心配をしなくて済んだのです。余程の理由が無い限りは業者からお金を借りるべきではないのです。もし借りてしまい返せなくなれば、彼らからの嫌がらせが始まる事になるはずです。

2015/09/11 14:40:11 |

借金をもしもすることになっても、身の丈にあったような金額で、借りるようにしてください。もしも、自分の支払える限度以上にお金を借りてしまえば、利息や元金に苦しめられます。
借金の恐ろしさは、借りる時には意外と簡単に借りられるということです。簡単にお金を貸してもらえるので、相手も自分の支払い能力を信用してくれているのかと思い、安易にお金を借りやすくなってしまうのです。貸す方としては、利息などがあるために、ある程度の支払い能力がありそうな人には、ドンドンとお金を貸すのです。一人一人の事情まで、詳しく考えているわけではありません。なので、自分で自制しながら、お金を借りることが大事になってくるのです。
返済計画をしっかりと立てておくことも重要です。利息のことを考えながら、すぐに返すことが大事ですが、急いで返そうとしても、生活費まで削っては苦しくなります。生活する上での無駄を節約して、そのお金を借金返済に充てるぐらいの気持ちでいましょう。返済計画は、借金をする前に立てておくと、慌てることなくスムーズに借金を返済できるでしょう。
借金は、返済計画と生活費を削る必要がないかなどを考え、身の丈にあった額に留めておきましょう。

2015/08/30 13:39:30 |

後先を考えずに色んな金融業者から借金をしてしまい、にっちもさっちも行かなくなってしまう人が後を絶たないようなんですが、今更こんなに計画性のない事をしなければよかったと思っても後の祭りですので、今ある返済が難しくなってしまった借金をどう減額していくかという、現実的な事にしっかりと目を向けなければなりません。
膨れ上がってしまった借金の減額方法としては債務整理があるのですが、債務整理には皆さんよくご存じの自己破産から個人再生といったものがあり、一番おすすめできる方法が任意整理かと思います。
自己破産は申請が受理されたら借金がゼロになるという利点がありますが、その後の生活に様々な制約が出るケースがあるので、一気に借金が無くなりはしないけど減額できる任意整理の方が無難な選択かと思います。人によっては一か八かで自己破産を選ぶ事もありますが、任意整理でしたらペナルティがかなり少ないのでその後の人生設計がしやすいんじゃないかと思います。
債務整理は個人で行うことも出来るのですが、かなりの時間と労力を必要とする場合がほとんどですので、債務整理に強い弁護士さんの力を借りたほうがスムーズに事が運ぶと思います。弁護士費用は当然掛かりますが、素人では決して出来ないような事でも完璧に行なってくれますので、総合的に考えたらお得だと思います。
そこで、もしあなたが債務整理を検討しているのでしたら、おすすめのサイトをご紹介したいと思います。
こちらのサイトでご紹介している借金減額シュミレーションを利用すれば、あなたの借金の返済額がどれぐらい減額できるのかが、ひと目で分かりますよ。
また、このサイトの管理人の体験談もかなり参考になるので、ぜひご覧になって下さい。
http://借金返済できない払えない.com/

2015/08/25 20:10:25 |

身近な場所から借金する手段には、消費者金融や銀行の他にクレジットカードのキャッシング枠を使うという方法も有ります。
普段手持ちのクレジットカードのショッピング枠を使ってツケ払いするという人は大変多いですが、別の枠で設定されているキャッシング枠なら一から消費者金融や銀行のように新規契約する手間なく利用できるので、高速で借金したい時は役立ちます。
ただクレジットカードのキャッシングで注意したいのは、借りた時の利息が少額でも消費者金融や銀行と比較すると若干高いという点で、利用した金額の返済はリボ払いではなく一括のみという所が多いです。
又、どこのコンビニや提携銀行ATMでも手数料無料でお金を引き出せるとは限らないので、借りたい額の他に適用利率やATM利用料の事も含めて借金するかどうか考慮する必要があります。
ただ学生や主婦がクレジットカードを携帯している場合、普段収入が乏しい属性という事もあり、キャッシング枠がゼロ又は僅かな少枠という事も考えられます。
新たにクレジットカードにキャッシング枠を付帯したい時は、入会した時の審査とは別に改めて融資審査が行われるので、なるべく控えめに少ない額を申請する事で審査の通過率はアップします。
クレジットカードを使って日常的に借金をしたい際は、上記の注意点も頭に入れた上で利用又はキャッツシング枠の申請を行ってみましょう。

2015/08/23 16:57:23 |

借金の怖さというと多くの方は消費者金融等から借りてその利息の支払いが怖いと思う人が多いですが実際の借金の怖さというのはそんな事ではないです。

 

確かに昔の消費者金融というと金利が高くて返済に困ってしまう事も多かったと思います。
ですから、昔は借金をする時は消費者金融からする事に多くの方は抵抗があったと思います。

 

ですが、今の時代の借金で本当に怖いのは消費者金融を利用しないで知人や友人などから借りる事の方が怖いです。

 

それはどうしてかというと、友人や知人などから借金をするとほぼ必ずと言って良いほどお金を借りた人に一生頭が上がらなくなるからです。

 

そして、いつしか対等だった関係も崩れて上下関係ができてしまいます。
それが今の時代の借金の本当の怖さです。

 

ですから、私が借金しようと思った時は上記のような理由から友人や知人からしないで消費者金融を利用して借金をするようにしています。

 

確かに消費者金融から借金をすれば利息の支払いは避けられないです。
でも消費者金融からお金を借りれば気楽にお金を借りれるのでお金を借りようと思った時はいつも消費者金融を利用するようにしています。

 

それで人間関係を壊さないで済むならその方が良いからです。

2015/08/21 14:32:21 |

借金と言うものは、一度しだすとどんどんエスカレートしていくものだと、自分が体験してはっきりと確信しました。
私も昔は借金をする人間ではなかったのですが、手持ちのお金がなかったので、友人に1000円を借りた事がありました。
このくらい借りてもいいだろうと思い、軽い気持ちでお金を借りたのです。
借りたお金は直ぐに返したのですが、これ以降私はお金を借りる事が当たり前に感じる様になってしまいました。
この前ちゃんと返したから良いだろうと思い、また友人に1000円を借りたのです。
しかし今回は1000円くらい直ぐに返さなくてもいいだろうと思い、友人にお金を返すのを遅らせてしまいました。
この後借りたお金を返すのをどんどん遅らせるようになり、あわよくば友人がお金を貸したことを忘れてくれれば良いと思うようになったのです。
ところが実際はそんな上手く行くわけはなく、余りにも私がお金の返済を遅らせる事が多いので、友人を怒らせることになってしまいました。
私は平謝りをして、友人の怒りを収める事は出来ましたが、これ以降一切お金は貸してもらえなくなったのです。
友人にお金を借りることができなくなった私は、仕方がないのでキャッシングでお金を借りるようになったのですが、審査がめんどくさかったり、返済期限が厳しかったり、利息を支払わなければならなかったりするので、友人からお金を借りる事が、如何に良かったかを思い知らされました。

2015/08/20 19:40:20 |

大手消費者金融に数社借金する審査を受けたけど、案の定審査落ちしたという人は結構聞かれる出来事です。
実は同じ時期に複数の業者に融資申込するのはタブーで、それだけお金に困っているとも見なされ、返済能力も信頼に欠けるともされるので、大手の消費者金融ではそこまでリスクを背負ってお金を貸すような事はしません。
又、滞納中の債務がある人や債務整理してる人なども大手消費者金融の審査では落ちる要因になりますが、地元の中小規模の消費者金融ならブラック履歴がある人でも貸してくれる可能性はあります。
ただブラック債務者にも貸付を行っている消費者金融でも、普段職に就いて安定収入を得ている事が第一条件になるので、先ず無職の人は借金するのが極めて難しいです。
ブラック債務者でもOKの消費者金融の場合、金利は上限でも18%と大手とほぼ変わらないですが、多額の借金でも金利が10%台の所が多く割高です。
ですから、どうしても月々の収入から生活費を引き出せなかったという場合などの緊急時に利用価値があるでしょう。
ただ中小規模の消費者金融は口コミや情報が少ない事も多いので、本当に信頼できる所を探したい時は自社のホームページがあって、営業年数が長い老舗の業者を第一に選ぶと安心です。